【業務効率化】ChatGPT連携サービスでビジネスを加速させる! 厳選サービス5選

日々の膨大な業務量に追われていませんか? ChatGPT連携サービスを活用すれば、業務を効率化し、生産性を劇的に向上させることができます。

本記事では、5つのChatGPT連携サービスを紹介し、機能、特徴、導入メリットを解説します。これらのサービスを活用することで、顧客満足度向上、コスト削減、人材不足解消など、様々なメリットを得ることができます。

目次

KARAKURI

KARAKURIは、顧客対応や社内ヘルプデスクなど、様々な場面で利用可能なチャットボット作成サービスです。GUI操作で簡単にチャットボットを作成・運用することができ、高度な会話設計機能や豊富なテンプレート、多言語対応など、充実した機能を備えています。
料金:月額5,000円~

YOMEL

YOMELは、会議中の音声を自動文字起こしし、議事録を自動生成するサービスです。ChatGPTの高度な自然言語処理能力により、発言内容を正確に認識し、議事録フォーマットで自動生成します。会議後の議事録作成時間を大幅に削減し、会議の生産性を向上させることができます。
料金:月額10,000円~

ACES Meet

ACES Meetは、商談中の音声を自動文字起こしし、議事録や顧客情報のメモを自動生成するオンライン商談支援サービスです。商談内容を記録し、顧客情報と紐づけることで、顧客管理や営業戦略の立案に活用することができます。
料金:月額15,000円~

hitobo

hitoboは、過去の問い合わせ履歴からFAQ候補を自動生成し、FAQ記事の作成・更新を効率化するサービスです。ChatGPTの文章生成能力により、質の高いFAQ記事を素早く作成することができます。顧客満足度向上、問い合わせ件数減少に貢献します。
料金:月額3,000円~

Helpfeel

Helpfeelは、社内ナレッジベース構築、情報共有、問い合わせ対応を支援する社内ヘルプデスクツールです。ChatGPTの自然言語処理能力により、社員からの質問に自動で回答したり、関連する情報を提示したりすることができます。社員の業務効率化、情報共有の促進に役立ちます。
料金:月額5,000円~

まとめ

今回紹介した5つのChatGPT連携サービスは、いずれもビジネスで業務効率化に役立つツールです。

それぞれのサービスの特徴を理解し、目的に合ったサービスを導入することで、業務の効率化、生産性の向上、顧客満足度の向上を実現することができます。

また、ChatGPTについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ、こちらの書籍も読んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次