【初心者向け】AIチャットボットの選び方! 代表的な8ツールを徹底比較

近年、AI技術の進歩と共に、顧客対応や業務効率化に貢献するAIチャットボットが注目されています。しかし、多種多様なツールが存在するため、自分に合ったチャットボットを選ぶのは容易ではありません。

そこで今回は、特に注目すべき8つの代表的なAIチャットボットツールを徹底比較します。

目次

Microsoft Bot Framework

Microsoft Bot Frameworkは、開発者がチャットボットを簡単に作成し、ユーザーとの自然な対話を可能にするフレームワークです。このプラットフォームはマルチチャンネル対応で、ウェブサイト、メール、Slack、Microsoft Teamsなど多くのプラットフォームと統合できます。

  • 開発会社:マイクロソフト
  • リリース年:2014年
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:Azure Bot Serviceを通じて提供され、プランは消費に基づいた料金体系です。具体的な料金はAzureの使用量に依存します。

Amazon Lex

Amazon Lexは、AmazonのAlexaに使用される技術をベースに開発されたサービスで、高度な自然言語理解(NLU)と音声認識(ASR)技能を備えています。これにより、開発者は簡単に音声またはテキストベースのチャットボットを構築できます。

  • 開発会社:アマゾン
  • リリース年:2016年
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:超過した場合、音声リクエストは$0.004/リクエスト、テキストリクエストは$0.00075/リクエスト。

LivePerson

LivePersonは、リアルタイムの顧客対話を可能にするAIチャットボット技術を提供します。特に顧客サポートに焦点を当てており、AIと人間のエージェントの両方を組み合わせたハイブリッドアプローチが特徴です。

  • 開発会社:LivePerson, Inc.
  • リリース年:1995年(AI機能は後に追加)
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:エンタープライズ: 個別見積もり

Chatfuel

Chatfuelは、金融機関向けに開発されたChatGPTツールの一つです。
簡単なドラッグ&ドロップのインターフェースを提供し、ビジネスチャットボットを作成することができます。豊富な対話フローのテンプレートや統合機能を備えており、金融業界での利用に最適なツールです。

  • 開発会社:Chatfuel Inc.
  • リリース年:2015年
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:Proプラン:月額$15~

Dialogflow

Dialogflowは、Googleが提供するChatGPTツールです。多言語対応や強力な自然言語処理機能を備えており、金融業界でのニーズに合わせた柔軟なチャットボットを作成することができます。
また、Facebook MessengerやSlack、Webサイトなど、さまざまなプラットフォームでチャットボットを展開することが可能です。これにより、顧客が利用するプラットフォームに合わせてチャットボットを提供することができ、利便性を向上させることができます。

  • 開発会社:Google
  • リリース年:2016年
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:Standardプラン:月額$300~

IBM Watson Assistant

IBM Watson Assistantは、IBMが提供する自然言語処理を活用したチャットボット開発プラットフォームです。柔軟なカスタマイズ性と多チャネル展開が可能であり、企業のさまざまなニーズに対応します。
また、セキュリティに優れており、金融機関の顧客データを安全に管理することができます。

  • 開発会社:IBM
  • リリース年:2017年
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:Liteプラン:月額$100~

KARAKURI

KARAKURIは、顧客対応や社内ヘルプデスクなど、様々な場面で利用可能なチャットボット作成サービスです。GUI操作で簡単にチャットボットを作成・運用することができ、高度な会話設計機能や豊富なテンプレート、多言語対応など、充実した機能を備えています。

  • 開発会社:カラクリ株式会社
  • リリース年:2017年
  • 無償プラン有無:無料と有料のプランがある
  • 有料プラン:KARAKURI Free: 1チャットボット、最大500会話/月まで無料で利用可能。その他有料プランあり。

hitobo

hitoboは、過去の問い合わせ履歴からFAQ候補を自動生成し、FAQ記事の作成・更新を効率化するサービスです。ChatGPTの文章生成能力により、質の高いFAQ記事を素早く作成することができます。顧客満足度向上、問い合わせ件数減少に貢献します。

  • 開発会社:アディッシュ株式会社
  • リリース年:2020年
  • 無償プラン有無:無償プランなし(無料トライアルあり)
  • 有料プラン:要相談

まとめ

以上8つのツールは、それぞれ異なる強みを持ち、ビジネスのニーズに応じて選べるAIチャットボットプラットフォームです。無償プランが存在するものもあり、小規模ビジネスから大企業まで幅広く利用することができます。

顧客エンゲージメントとサポートを強化したい企業にとって、これらのツールは価値ある選択肢となるでしょう。

また、チャットボットの今についてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ、こちらの書籍も読んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次