【AI議事録ツール】YOMELで会議をもっとスマートに!

現代のビジネスにおいて、会議は情報共有や意思決定の重要な場として欠かせません。しかし、会議後の議事録作成は多くの時間を奪い、負担となっているのではないでしょうか?

そんな課題を解決するのが、AI議事録作成ツール「YOMEL」です。YOMELは、AI技術を用いて会議の音声を自動的に文字起こしし、議事録を生成するツールです。これにより、会議後の議事録作成にかかる時間を大幅に削減し、会議の効率化と省力化を実現することができます。

この記事では、そんなYOMELについて、詳しくご紹介します。

目次

YOMELとは?

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku

YOMELは、株式会社アーニーMLGが開発したAI議事録作成ツールです。会議中の音声を自動的に文字起こしし、議事録を生成します。YOMELは、AI技術を用いて発言者を識別し、発言内容を正確に文字起こしすることができます。また、議事録には話者の名前や発言時間、重要度の高いキーワードなどが自動的に挿入されるため、後から議事録を簡単に確認することができます。

YOMELの主な機能

YOMELは、以下の機能を備えています。

  • 音声認識:会議中の音声を自動的に文字起こしします。
  • 話者識別:発言者を識別し、発言内容を個別に文字起こしします。
  • 議事録自動生成:文字起こしされた内容に基づいて、議事録を自動的に生成します。
  • キーワード抽出:重要度の高いキーワードを自動的に抽出します。
  • 編集機能:生成された議事録を編集することができます。
  • 共有機能:生成された議事録をメールやチャットで共有することができます。

これらの機能を組み合わせることで、YOMELは会議後の議事録作成にかかる時間を大幅に削減し、業務効率化を実現できます。

YOMELを選ぶ理由【メリット】

1. 話者識別と議事録自動作成

YOMELは、話者ごとに発言を識別し、議事録を自動的に作成します。誰がいつ何を話したのか一目瞭然なので、議事録作成にかかる時間を大幅に削減できます。

2. 議事録の自動要約

YOMELは、議事録の自動要約機能を搭載しています。会議の要点を簡単に把握したい場合や、長文を読むのが苦手な場合に便利です。

3. キーワード検索と議事録編集

YOMELは、議事録内をキーワードで検索することができます。必要な情報にすぐにアクセスできるので、議事録の活用性が大幅に向上します。また、自動生成された議事録を編集することもできるので、より詳細な議事録を作成することができます。

4. 高いセキュリティ

YOMELは、高いセキュリティ基準を満たしており、お客様の大切な情報安全を守ります。会議音声を暗号化して保存し、不正アクセスを防ぐ対策を徹底しています。

これらの強みにより、YOMELは他のAI議事録ツールとは一線を画す、革新的なツールとなっています。

料金プラン

YOMELには、以下の3つの料金プラン+フリートライアルがあります。

  • フリートライアル: 0円
  • スタータープラン: 月額28,000円 (月30時間)
  • スタンダードプラン: 月額95,000円 (月130時間)
  • ビジネスプラン: 月額180,000円 (月300時間)

各プランの詳細については、YOMEL公式サイトをご覧ください。

ユーザーレビュー

YOMELは、多くの企業で導入され、高い評価を得ています。

以下は、実際のユーザーによるYOMELの評価です。

  • 「YOMELを導入したことで、議事録作成にかかる時間を80%削減できました。」
  • 「YOMELの議事録は、非常に正確で読みやすいです。」
  • 「YOMELのおかげで、会議後の議事録作成のストレスがなくなりました。」

よくある質問

Q: YOMELはどのようなデバイスで使用できますか?

A: YOMELは、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスで使用できます。

Q: 対応している言語は日本語だけですか?

A: いいえ、YOMELは日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語など、10言語以上に対応しています。

Q: YOMELの無料トライアルはありますか?

A: はい、YOMELには無料トライアルがあります。まずは無料トライアルでYOMELを試してみてはいかがでしょうか

まとめ

YOMELは、AI技術を活用した革新的な議事録作成ツールです。高精度な音声認識、話者識別、自動要約など、様々な機能を搭載し、会議をもっとスマートに、効率的にします。

今すぐYOMELを導入して、会議の質を向上させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次