【日本語対応は?】Wordtuneの使い方と機能をサクッと解説!

Wordtune(ワードチューン)は、AIによって英文を自動で書き換えてくれるオンラインのサービスです。

今記事では、そんなWordtuneの使い方や機能、日本語対応の有無についてサクッと解説します。

この記事では2024年5月時点での情報を提供しています。

目次

Wordtuneとは?

引用元:https://www.wordtune.com/

Wordtuneは、アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くAIスタートアップ企業「Wordtune」によって開発された文章改善ツールです。Wordtuneは、AI技術を用いて文章の言い回しや表現を瞬時に改善し、より的確で魅力的な文章へと導いてくれます。

Wordtuneでできること

  • 言い回し改善: 文章の言い回しをより自然で洗練されたものへと改善することができます。
  • 表現改善: 文章の表現をより的確で魅力的なものへと改善することができます。
  • 文体改善: 文章の文体をより適切なものへと改善することができます。

こららの改善を自動で行ってくれるのが、Wordtuneです。

日本語は使える?

残念ながら、Wordtuneはあくまで英文を自動で書き換えてくれるツールであり、現在のところ日本語対応はしていません。

Wordtuneの使い方

公式サイトから、画面右上のGet startedをクリックします。

その後、メールアドレス、Appleアカウント、Gmail等を使ってアカウント作成【無料】

書き換えたい英文を入力後、RewriteボタンもしくはWのマーク(下記画像参照)をクリックすれば、自動書き換えが始まります。

無料で使える?【料金プラン】

Wordtuneは基本的には無料で使えます。ただし、無料版の場合、1日に書き換えできる回数が10回と決まっているので、それ以上利用したい場合は、Advancedプラン($6.99/月)や、Unlimitedプラン($9.99/月)へのプラン変更が必要になります。

Wordtuneを選ぶ理由【メリット】

Wordtuneには、以下のメリットがあります。

  • 誰でも簡単に文章を改善できる: 専門知識や技術がなくても、誰でも簡単に文章を改善することができます。
  • 豊富な機能: 文章の言い回し、表現、文体などを改善することができます。
  • AI技術による自動改善: 文章の改善は、AIが自動的に行います。
  • 多言語対応: 英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語など、様々な言語に対応しています。
  • 無料プラン: 基本的な機能であれば無料で利用することができます。

Wordtuneは、これらのメリットがあるため、多くの方にオススメの文章改善ツールです。

まとめ

Wordtuneは、AI技術を用いた革新的な文章改善ツールです。誰でも簡単に文章を改善することができ、時間と労力を節約することができます。また、Wordtuneは豊富な機能を備えており、多言語対応しているため、様々な用途で利用することができます。

今すぐWordtuneを体験して、文章表現の可能性を広げてみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次