スカーレット・ヨハンソンがAI音声のなりすましを告発!OpenAIがChatGPTの音声を一時停止

女優のスカーレット・ヨハンソンさんが、OpenAIが提供するAIチャットボット「ChatGPT」の音声機能で、自分の声を無断で使用されたとして、利用停止を求めました。この騒動を受け、OpenAIは問題となった音声の使用を停止しましたが、AI技術の発展と倫理問題の狭間で揺れる社会を浮き彫りにしています。

目次

問題となった「Sky」の声

ChatGPTの音声機能では、ユーザーが話しかけると、音声でチャットボットが応答することができます。今回問題となったのは「Sky」という名前の声で、これがヨハンソンさんにそっくりだとSNS上で指摘されたのです。

OpenAIは当初、「Skyの声はスカーレット・ヨハンソンさんの声ではなく、別の声優が自然な話し声で話しているものだ」と主張しました。しかし、ヨハンソンさんは自身の声明で、OpenAIのCEOからChatGPTの音声提供の依頼があったことを明らかにし、断ったと述べました。

さらに、公開された「Sky」の声があまりにも自分に似ていることに驚きと怒りを覚え、友人や家族、世間の人たちも区別がつかないほどだったと語りました。

なりすまし騒動の背景

今回の騒動の背景には、AI技術の急速な進化と、それに伴う倫理問題があります。AIは、音声や映像を模倣する能力も向上しており、悪意のある利用者によって、なりすましや誹謗中傷などの悪用が懸念されています。

訴訟と法整備の必要性

ヨハンソンさんは今回の件を受け、自身の肖像無断使用でOpenAIを訴えることを表明しました。また、生成AIによる個人情報の悪用を防ぐための法整備を訴えています。

「ディープフェイク(合成音声・映像)などが出回る時代に、自分たちの肖像、仕事、アイデンティティを守るための明確なルールが必要です」と主張しました。

OpenAIの対応

OpenAIは今回の問題を受けて、今後音声提供を行う俳優とは密接に連携し、適切な処置を取っていくとしています。また、俳優には業界最高水準以上の報酬を支払っており、今後も継続するとしています。

まとめ

AI技術は、私たちの生活を様々な面で便利に、豊かにしてくれる可能性を秘めています。しかし、その一方で、倫理的な問題も無視できません。

今回の騒動は、AI技術の発展と倫理の狭間で揺れる社会を浮き彫りにしています。今後、AI技術と倫理のバランスをどのように取っていくのか、社会全体で議論していくことが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次