サムスン、妊婦超音波診断AIで未来を変える!?

サムスン電子の医療診断事業部は、AIを活用した超音波診断ソフトウェアを開発するソニオ(Sonio SAS)を買収しました。この買収により、サムスンは妊婦と乳幼児のケアの質向上に大きく貢献し、医療の未来を変える可能性を秘めています。

目次

ソニオのAIソフトウェア:妊婦健診をより迅速、より正確に

ソニオは2020年に設立されたフランスのスタートアップ企業で、AIを活用したソフトウェアソリューションを開発しています。同社のソフトウェアは、医療従事者が超音波検査を行い、胎児の脳や心臓の構造を迅速かつ正確に検出するのを支援します。

アメリカ疾病予防管理センター (CDC) の調査によると、アメリカ合衆国では33人の赤ちゃんのうち1人が先天性疾患を持って生まれてきています。ソニオのAIソフトウェアは、こうした先天性疾患の早期発見と治療に役立ち、妊婦と乳幼児の健康に大きく貢献します。

サムスンとの協業でさらなる飛躍

今回の買収により、ソニオはサムスンのグローバルな販売網とリソースを活用し、世界中の妊婦と乳幼児に革新的な超音波診断ソリューションを提供できるようになります。

サムスンメディソンのCEOであるキム・ヨン・クワン氏は、「ソニオのチームが母体ケアの分野で築き上げたものに対して、大きな敬意と称賛を持っています」と述べています。「今回の買収により、サムスンメディソンは、テクノロジーを通じて人々の生活の質を向上するという約束を果たし続けます。ソニオとの協業により、最高クラスの超音波診断AI技術とレポート機能を結集し、出生前診断超音波検査にパラダイムシフトをもたらします。」

まとめ

ソニオのAIソフトウェアは、先進国だけでなく、医療格差のある地域でも利用できるよう設計されています。同社のCEOであるセシル・ブロセ氏は、「独立した企業としてサムスンメディソンとの緊密な協力を続けるだけでなく、ソニオは医療サービス格差のある地域を含め、世界中で医療報告技術と診断ソフトウェアの向上に取り組んでいきます。」と述べています。

サムスンとソニオの協業は、妊婦と乳幼児の健康に大きな貢献し、医療の未来を変える可能性を秘めています。今後、両社がどのような革新的なソリューションを開発していくのか、注目されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次