AIが、サイバーセキュリティチームの負担を軽減!脅威の検出やタスク自動化を支援する「AIコパイロット」

ネットワークセキュリティ企業の Palo Alto Networks が、AIを活用した革新的なツール「AIコパイロット」を発表しました。このツールは、サイバーセキュリティチームの負担を軽減し、脅威の検出やタスクの自動化を強力に支援します。

目次

従来のツールとは一線を画す、AIの力で進化したセキュリティ

これまで、セキュリティチームは膨大な量のデータを分析し、脅威の兆候を見つけ出すために多くの時間を費やしてきました。しかし、AIコパイロットの登場により、この状況は大きく変わろうとしています。

AIコパイロットは、自然言語でのやり取りが可能で、セキュリティアナリストは直感的に質問を入力することで、AIが自動的に情報を収集・分析し、脅威を発見・対処することができます。

従来のツールでは、複雑なコマンドや設定が必要でしたが、AIコパイロットはまるで人間と会話するように自然な操作で利用できます。

3種類のAIコパイロットで、あらゆるセキュリティニーズに対応

今回発表されたAIコパイロットは、3種類用意されています。

  • Strata Copilot: Strata Network Security プラットフォームに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ (SASE) や次世代ファイアウォールアプリケーションをサポートします。
  • Prisma Cloud Copilot: Prisma Cloud プラットフォーム上で動作し、リスクの優先順位付けや脅威検出などのタスクを支援します。
  • Cortex Copilot: Cortex XSIAM プラットフォーム内にあり、セキュリティオペレーションセンター (SOC) の効率最適化を目的としています。

それぞれの AI コパイロットは、特定のセキュリティ領域に特化しており、チーム全体で効率的にセキュリティ対策を進めることができます。

驚きの精度と実行力を実現する「Precision AI」テクノロジー

AIコパイロットは、Palo Alto Networks が独自開発した「Precision AI」テクノロジーを搭載しています。

Precision AI は、生成型 AI、機械学習、ディープラーニングを組み合わせたもので、従来の AI ツールよりも高い精度と実行力を実現しています。

複雑なタスクを自動化し、セキュリティチームの負担を大幅に軽減することが期待されています。

まとめ

AIコパイロットは、現在プライベートプレビュー段階ですが、すでに多くのセキュリティ専門家から高い評価を得ています。

セキュリティ企業 Sabre の最高情報セキュリティ責任者である Scott Moser 氏は次のように述べています。「生成型 AI は、自然言語インターフェースを通じてセキュリティチームの仕事効率を向上させることを約束しています。より多くのチームメンバーが自然言語インターフェースを使用してファイアウォールやあらゆるセキュリティツールに問い合わせられることは、セキュリティ脅威への迅速な対応と、質問に対するより良い回答の獲得という点で非常に貴重です。」

AIコパイロットは、サイバーセキュリティ業界の新たなスタンダードとなる可能性を秘めています。今後、AIコパイロットのさらなる進化と普及が期待されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次