企業向けAI搭載PC市場が拡大!?

調査会社Omdiaのレポートによると、AI搭載PC市場が拡大しつつあり、特に空白となっている企業向け市場に参入するチャンスがあるようです。

目次

企業向け市場は狙い目

これまでAI機能搭載PCは2019年頃から存在していますが、各ハードウェアメーカーは今、この新しい市場機会を活かしつつあります。AMD、Intel、Nvidia、Apple、Qualcommなどは、AIに最適化されたPCソリューションの開発にすでに着手しています。

レポートによると、成功を収めるためには、ユーザーのニーズに合わせたソリューションを提供することが重要です。Omdiaは、企業ユーザー向けのAI搭載PCは「コーポレート・ウォーリアー」と呼ばれるビジネスパーソナに適したものにする必要があると指摘しています。

一方、Intelは新しいCore Ultra CPUで、これまで見落とされていたビジネスユーザーをターゲットにしていると報告されています。しかし、レポートは「コーポレート・ウォーリアー」ユーザーが必要としているのは、派手さよりも「とにかく使える」というシンプルな体験であると指摘しています。

小型言語モデルが市場を活性化?

AI搭載PC市場を活性化させるもう一つのポイントは、小型言語モデルであるとレポートは示唆しています。

小型言語モデルは、大規模言語モデルが行うような生成タスクを実行できる小規模なAIシステムで、使用するメモリ容量が非常に少なくて済みます。

レポートは、PCメーカーがTinyLlamaやMicrosoftの新しいPhi-3-miniのような小型言語モデルを活用することで、新しいPCの購入を後押しできるのではないかと提案しています。

まとめ

AI搭載PC市場はまだまだ発展途上であり、各社がしのぎを削っています。今後、企業向け市場を制するのはどこのメーカーになるのか注目です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次