NASAが初のAI責任者を任命!

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、宇宙開発と地球環境の保全という人類にとって重要な課題解決に向けて、AI技術の責任ある活用を推進するため、史上初めてとなる「AI責任者」を任命しました。 任命されたのは、現職のNASA最高データ責任者であるデビッド・サルバグニー氏です。

サルバグニー氏は、AI技術の専門家として、NASAにおけるAIの倫理的かつ安全な運用を担い、宇宙開発や地球環境問題へのAI活用を推進していきます。

目次

サルバグニー氏の役割と期待される取り組み

サルバグニー氏は、AI技術に関する倫理指針の策定と運用、AIリスク管理ツールの開発・運用、AIに関する教育・訓練プログラムの提供など、以下の取り組みを主導します。

  • AI技術に関する倫理指針の策定と運用:
    • AI開発・利用における倫理的な問題を検討し、NASAにおけるAI活動の指針となる倫理指針を策定します。
    • 策定された倫理指針に基づいて、AI技術の開発・利用を適切に管理し、倫理的な問題の発生を未然に防ぎます。
  • AIリスク管理ツールの開発・運用:
    • AI技術の開発・利用に伴うリスクを評価し、リスクを軽減するためのツールを開発します。
    • 開発されたツールを活用して、AIシステムの安全性と信頼性を向上させ、リスクを最小限に抑えます。
  • AIに関する教育・訓練プログラムの提供:
    • NASA職員向けに、AI技術に関する教育・訓練プログラムを提供します。
    • 職員がAI技術を理解し、適切に活用できるよう、必要な知識とスキルを身につけられるように支援します。

サルバグニー氏の経歴と専門性

サルバグニー氏は、AI分野での豊富な経験を持ち、NASA入局前は国家情報長官室で最高エンタープライズアーキテクトを務めました。 また、国防総省の情報最高責任者室では技術責任者を務めた経歴もあります。

NASAにおけるAIの活用事例

NASAは、次世代宇宙機の材料設計を支援する生成型AIシステムや、衛星から収集した地球データを分析するAIモデル(IBMとの共同開発)など、様々な分野でAIを活用しています。

まとめ

今後、サルバグニー氏のリーダーシップのもと、NASAのAI活用がどのように宇宙開発や地球環境の保全に貢献していくのか、注目されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次