マイクロソフト、AI開発における責任ある取り組みを報告!最新技術と安全性の両立へ

マイクロソフトは、AI開発における責任ある取り組みをまとめた「Responsible AI Transparency Report」を発表しました。この報告書では、同社のジェネレーティブAI開発における功績や、安全性を担保するための取り組みが詳細に示されています。

目次

ジェネレーティブAI開発におけるリーダーシップ

マイクロソフトは、ジェネレーティブAI開発において他社を大きくリードしており、適切な安全対策を備えた技術を迅速かつ大規模にリリースしてきたことが評価されています。この経験を活かし、同社はジェネレーティブAIを責任を持って開発するための最先端のベストプラクティスを確立してきました。

具体的な取り組み

報告書では、マイクロソフトの責任あるAI開発への取り組みとして、以下の施策が特に強調されています。

  • 責任あるAI開発ツールの拡充: 開発者がAIシステムを安全かつ倫理的に構築できるよう支援するために、30以上のツールをリリースしました。
  • AI顧客向け機能の強化: 100以上の新機能を提供し、AIソリューションを安全に導入および運用できるように顧客を支援しています。
  • 責任あるAIコミュニティの拡大: 責任あるAI開発に関心を持つ個人や組織のコミュニティが17%増加し、現在400人を超えました。
  • 全従業員への責任あるAIトレーニング: 全ての従業員が責任あるAIに関する研修を修了することを義務付け、99%の社員が研修を完了しました。

安全性を最優先に

マイクロソフトは、ジェネレーティブAIの強力な可能性を認識する一方で、その悪用を防ぐための安全対策の重要性も強調しています。具体的には、以下の取り組みを実施しています。

  • 規制準拠AI導入プログラム: 顧客が規制に準拠したAIアプリケーションを導入できるよう支援するプログラムを立ち上げました。
  • Copilot訴訟法的費用負担: Copilot製品の使用に起因する知的財産権訴訟に直面した企業の法的費用を負担することを約束しました。
  • Azure顧客向けAIシステム評価ツール: Azure顧客が自社のAIシステムをヘイトスピーチやセキュリティ回避などの問題に対して評価できるよう、ツールの機能を拡張しました。
  • レッドチーム活動の強化: 開発者やセキュリティ専門家がAIモデルの脆弱性を発見できるように、レッドチーム活動を強化しました。
  • セキュリティテストツールPyRITの公開: 自社開発のセキュリティテストツールPyRITをオープンソースとして公開し、業界全体のセキュリティ向上に貢献しています。

今後の展望

マイクロソフトは、AI開発における責任ある取り組みを継続していくことを約束しています。具体的には、以下の活動に注力していきます。

  • 安全リスクに関する情報の共有: 業界全体で安全リスクに関する情報を共有し、AI開発におけるベストプラクティスを策定するための活動を推進します。
  • 大規模AIシステムの責任ある開発: 大規模AIシステムの責任ある開発に向けた研究開発を継続し、倫理的なAIの社会実装に向けた取り組みを進めます。
  • 顧客向けAI開発ツールの拡充: 顧客が安全かつ倫理的にAIアプリケーションを開発できるよう、ツールの拡充と機能強化を継続します。

マイクロソフトの取り組みは、AI技術の健全な発展と社会実装に大きく貢献することが期待されています。同社は、今後もAI開発におけるリーダーシップを発揮し、より良い未来の実現に向けて邁進していくことでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次