医療とライフサイエンスの未来を切り拓く?IBM、クリーブランドクリニック、ハートル研究所がAIと量子コンピューティングで協業

IBM、世界有数の医療機関であるクリーブランドクリニック、そしてイギリスの科学技術施設局傘下のハートルセンターは、AIと量子コンピューティングを活用した医療・ライフサイエンス分野の向上を目指したパートナーシップを締結しました。

目次

協業の目的

この国際的な共同研究では、産業界、政府、そして医療機関の専門家が集結し、革新的な技術を活用して患者の治療成績向上を目指します。

具体的な取り組み

AIを活用した研究

  • クリーブランドクリニック・ロンドンの患者データを活用し、一般的な病院での処置が患者さんの全体的な健康と生活の質に与える影響を調べる。
  • より高度なAIモデルを開発し、複数の種類のデータを統合し、様々な疾患を横断的に解析する。

量子コンピューティングを活用した研究

  • てんかん患者の手術に対する反応をより正確に予測できる身体内の分子特性を特定する。
  • 治療計画のパーソナライズと治療成績向上のために使えるバイオマーカーを発見する。

期待される成果

  • 医療・ライフサイエンス分野における新たな発見
  • 患者の治療成績向上
  • 新たな治療法の開発

今回の協業の重要性

AIと量子コンピューティングは、医療分野に大きな変革をもたらす可能性を秘めています。今回の協業は、これらの技術を活用した医療研究を推進し、患者の治療成績向上と新たな治療法の開発に貢献することが期待されます。

まとめ

研究チームは今後、AIモデルの構築と量子コンピューティング技術の開発を進め、具体的な成果を発表していく予定です。医療とライフサイエンス分野におけるAIと量子コンピューティングの活用は、今後も目が離せない注目分野です。

引用元:https://aibusiness.com/health-care/ibm-cleveland-clinic-team-for-ai-quantum-in-life-sciences

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次