マスターカード、生成AIで不正検出速度2倍!カード情報の安全を守る新たな武器!

クレジットカードの不正利用は、近年深刻な問題となっています。マスターカードは、この課題解決に向けて、生成AIを活用した画期的な不正検出システムを導入しました!

このシステムは、従来のシステムと比べて、不正利用されたクレジットカードの検出速度を2倍に高め、顧客への不正利用報告のスピードも300%向上させるという驚きの結果を実現しています。さらに、誤検出報告も200%減少させることに成功し、カード情報の安全性を大幅に向上させています

目次

生成AIがもたらす革新的な不正検出

マスターカードの生成AIツールは、数十億件もの顧客のクレジットカードとトランザクションデータを分析し、40種類のセキュリティとインフラ関連の基準を考慮して、不正パターンを検出します。これにより、従来のシステムでは見逃していた不正利用も見逃さず、迅速に対応することが可能になりました。

不正利用者への警告

「不正を行う者たちは、これまで無名で活動し、何百万人の被害者のカード情報を洗浄していると思われていました」と、マスターカードのセキュリティーとサイバーイノベーション担当執行副社長であるヨハン・ガーバー氏は述べています。「しかし、世界をリードするサイバーテクノロジーを活用することで、パズルを解き明かし、銀行、顧客、そしてデジタルエコシステム全体の信頼を高めることができます」

マスターカードの取り組み

マスターカードは、この生成AIソリューションを開発する際、2020年にサイバーセキュリティ企業RiskReconを買収した際に得た技術を活用しました。

また、マスターカードは、量子コンピューターからの攻撃を防ぐための非接触式カードの開発にも取り組んでいます。

業界全体の取り組み

ビザも5月初めに、同様の生成AIを活用した不正検出ソリューションを発表しました。ビザのVAAIスコアツールは、約4ミリ秒で不正な可能性のある決済を検出します。

まとめ

マスターカードの取り組みは、クレジットカードの不正利用防止に大きな貢献するでしょう。今後も、クレジットカードの安全性向上のためにどのような技術が開発されていくのか、注目が集まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次