AIで薬の流通を効率化!製薬会社のサプライチェーン変革

フランスの製薬会社セルヴィエが、AIを活用したサプライチェーン管理ソフトを導入したことが話題です。この取り組みは、医薬品の開発・流通を大きく変える可能性を秘めています。

サプライチェーンとは、原材料調達から製造、流通、販売までの流れのこと。製薬業界では、世界各国の規制や需要の変動、最近の世界的混乱などにより、安定した供給が難しくなっています。

そこでセルヴィエが導入したのが、Kinaxis社のAIソフトウェアです。このソフトは、サプライチェーン全体を可視化し、計画から最終的な配送までを効率的に管理することができます。

これにより、セルヴィエは医薬品の開発スピードを上げ、世界中の患者さんに早く届けることを目指しています。

AIは、今後ますます製薬業界のサプライチェーン変革を加速させていくでしょう。 医薬品を安定供給できるようになれば、患者さんの治療にも大きなメリットがもたらされます。

皆さんは、AIによるサプライチェーンの変革についてどのように思いますか?

引用元:https://aibusiness.com/verticals/ai-powered-supply-chain-management-aids-pharmaceutical-company

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次