EUがAI規制の本格始動へ! 来月からAI監視オフィス設立

EU(欧州連合)は、世界初のAI規制「AI Act」の施行に向け、監視を行う「EU AI Office」を6月から設立するそうです。EU AI Officeは、AI倫理や安全基準を順守しないAIの開発・利用を監視し、違反企業には多額の罰金を科す権限を持っているとのこと。

具体的には、以下の規制が盛り込まれています。

  • 職場や学校での感情認識AIの禁止
  • 社会信用スコア(ソーシャル・スコアリング)の禁止
  • 防犯カメラ映像からの顔認証データベース作成の禁止

EUは、AI開発競争が進む中、AIの倫理的・安全な活用を主導する姿勢を示しています。

一方で、AI評価の限界や規制の抜け穴を指摘する声も上がっています。

目次

AI評価の限界とは?

AIの安全性評価は、限定された環境下で行われるため、実社会での運用を想定していないという指摘があります。

規制の抜け穴とは?

AI企業が「自社は低リスクAIである」と主張することで、厳しい安全評価を回避できる可能性が懸念されています。

EUのAI規制は、世界にとってのひとつの指針となりそうです。今後、各国がAI規制を整備していく中で、EUの動向が注視されていくでしょう。

まとめ

AIは今後、ますます私たちの生活に浸透していくでしょう。AIの恩恵を受ける一方で、そのリスクをいかに制御していくかが重要になってきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次