DeepLが300億円調達!AI翻訳でグローバルビジネスを後押し

AI翻訳サービスのDeepLが、300億円の資金調達に成功しました。グローバル企業の言語の壁を取り払うDeepLの技術は、今後ますます注目を集めそうです。

目次

DeepLとは?

DeepLは、2017年設立のドイツ発AI翻訳スタートアップです。高度なAI翻訳技術を活用し、企業のマーケティング資料など大量のコンテンツを効率的に翻訳するサービスを提供しています。

今回の調達資金の用途

今回調達した資金は、研究開発や製品革新、そしてグローバル展開への投資に充てられる予定です。

DeepLの顧客企業

現在、DeepLの顧客は医療、リテール、製造業など幅広い業種にわたって10万社以上に拡大しています。大手カスタマーサポートソフトウエア企業のZendeskや、ドイツ鉄道のドイチェバーン、オンライン学習プラットフォームのCourseraなどもDeepLのサービスを導入しています。

DeepLの今後の展望

DeepLは今後も、AI翻訳のさらなる向上を目指して研究開発を進めていくとしています。将来的には、あらゆる企業が場所の制約を受けることなく、DeepLのAIを活用してグローバルにシームレスにビジネスを展開できるようになることを目指しているそうです。

まとめ

DeepLのAI翻訳技術は、グローバルビジネスを展開する企業にとって非常に有用なツールとなるでしょう。今後、AI翻訳技術がさらに発展していくことで、言語の壁がますます低くなり、より多くの企業が世界市場に挑戦できるようになるかもしれません。

引用元:https://aibusiness.com/nlp/ai-translation-startup-raises-300m-valuation-grows-to-2b

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次