【データサイエンティスト必見!】AI学習データの革命児Datalogyが4600万ドル調達!

AIモデルの開発には膨大な学習データが必要ですが、その収集や管理は非常に手間のかかる作業です。この課題を解決すべく、革新的なプラットフォームの開発を目指すスタートアップ企業DatalogyAIが、シリーズAラウンドで4600万ドル(約51億円)の資金調達に成功しました!

記事要点!
・DatalogyAIは、AIモデルの学習データの自動収集・管理プラットフォームを開発するスタートアップ企業。
・今回シリーズAラウンドで4600万ドルを調達し、研究開発とプラットフォーム強化に投資。
・データ収集の効率化、データ品質向上、AIモデル精度向上など、様々なメリットを提供。

目次

DatalogyAIとは?

カリフォルニアに拠点を置くDatalogyAIは、2023年9月に設立されたばかりの注目企業です。同社が開発しているプラットフォームは、企業がAIモデルの学習データの自動収集を可能にします。

今回の資金調達の目的

今回の資金調達ラウンドは、Felicis Venturesがリードを務め、Microsoftのベンチャーキャピタル部門M12、Amazon Alexa Fund、シリアル投資家のElad Gil氏に加え、既存の出資元であるRadical VenturesやAmplify Partnersも参加しました。調達した資金は、研究者やエンジニアを含むスタッフの増強とプラットフォームのさらなる強化に充てられます。

DatalogyAIのプラットフォーム

DatalogyAIのプラットフォームは、以下の機能を提供します。

  • データの自動収集: ユーザーが設定した条件に基づいて、必要なデータを自動的に収集します。
  • データのキュレーション: 収集されたデータを整理し、AIモデルの学習に適した形式に加工します。
  • データの分析: 収集されたデータの分析を行い、AIモデルの精度向上に役立てます。

DatalogyAIのメリット

DatalogyAIのプラットフォームを利用することで、以下のメリットが得られます。

  • 学習データの収集にかかる時間とコストを削減できます。
  • データの品質を向上させることができます。
  • AIモデルの精度を向上させることができます。

注目すべきポイント

DatalogyAIは、MetaのAI最高責任科学者Yann LeCun氏、Google DeepMindの最高責任科学者Jeff Dean氏、人工ニューラルネットワークの父と呼ばれるGeoffrey Hinton氏など、AI業界の著名人を過去の出資元に迎えています。 DatalogyAIは、DeepMind、Meta、Twitter出身者によって設立された注目すべきスタートアップです。

まとめ

DatalogyAIは、今後さらにプラットフォームの機能を拡充していく予定です。また、AI開発の現場での利用を促進していくため、マーケティング活動にも力を入れていく予定です。

AI学習データの革命を牽引するDatalogyAIの今後の動向から目が離せません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次