AIの台頭でデータセンターの電力使用量が激増?

AIの発展に伴い、膨大な電力を消費するデータセンターへの需要が高まっています。

調査会社PGIMの報告書によると、データセンターの電力消費量は2026年までに2倍以上となり、2030年には世界の全電力の20%を占める可能性があるとしています。

目次

大規模言語モデルの訓練が電力需要上昇の要因

報告書では、大規模言語モデルの訓練に必要な電力消費が増加していることが、データセンターの電力需要上昇の要因の一つとして挙げられています。

また、データセンターの運営需要は、電力インフラの拡張が遅れている先進国で特に顕著です。

例えば、アイルランドでは2026年までにデータセンターの電力量が2倍になり、国の電力需要の3分の1を占める見込みです。

PGIMは、データセンター事業者は、電力供給能力とコンピューティング能力の向上をバランスさせる必要があると指摘しています。

データセンター事業者は脱炭素化に向けた取り組みを実施

報告書では、データセンター事業者が再生可能エネルギー事業者と提携し、専用の発電源を確保するなど、脱炭素化に向けた取り組みがなされていることも紹介しています。

データセンター持続可能な電力源としては、再生可能エネルギー、水素発電、原子力などが挙げられています。

大手企業の中には、原子力発電所を利用するなど、大規模な電力を確保する動きも見られます。

今後、データセンター事業者は、AIの発展に伴う電力需要の増加に対応しつつ、持続可能な電力源の確保にも注力していくことが求められています。

引用元:https://aibusiness.com/verticals/ai-workloads-to-double-data-center-power-demand-by-2026

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次