AIチャットボットで故人と会話?倫理面や感情面の課題にケンブリッジ大学が警鐘!

AI技術の発展により、故人との会話シミュレーションが可能になる時代が到来しました。しかし、そんな「デッドボット」と呼ばれるAIチャットボットの開発には、倫理面や感情面での課題が潜んでいます。英ケンブリッジ大学の研究者たちが、開発者に対して慎重な開発を求めています。

目次

デッドボットとは?

デッドボットは、ChatGPTのような一般的なチャットボットと似ていますが、会話内容を故人風にカスタマイズするのが特徴です。ユーザーは、まるで故人と直接会話しているような感覚を味わうことができます。

デッドボットが抱える問題

デッドボットの開発は、倫理的に非常にデリケートな問題をはらんでいます。

  • ユーザーの感情的な負担: デッドボットを使いすぎると、ユーザーは感情的に疲弊したり、まるで故人が「つきまとう霊」のように感じてしまう可能性があります。
  • ユーザーの搾取: 悪徳業者は、デッドボットを利用してユーザーから金銭をむしり取るなどの可能性があります。
  • 故人の尊厳: 故人の人格や記憶を軽視したデッドボットの開発は、倫理的に問題があります

ケンブリッジ大学の提案

ケンブリッジ大学の研究者たちは、デッドボットの開発者に対して以下の対策を提案しています。

  • ユーザーへの明確な情報提供: デッドボットがチャットボットであることをユーザーに明確に伝え、会話内容が故人の実際の記憶や発言に基づいているわけではないことを説明する必要があります。
  • ユーザーの保護: ユーザーがデッドボットとの会話を簡単に終了できるような仕組みを設ける必要があります。
  • 倫理的なガイドラインの策定: デッドボットの開発と利用に関する倫理的なガイドラインを策定する必要があります。

まとめ

デッドボットは、故人を偲ぶ新しい方法を提供する可能性を秘めています。しかし、倫理面や感情面の課題を解決しなければ、ユーザーを苦しめたり搾取したりするおそれがあります。デッドボットの開発者、利用者、そして社会全体で、これらの課題について真剣に議論し、倫理的な利用方法を模索していくことが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次