ハリウッド大手CAAがAI企業と提携!デジタル技術時代のタレント肖像権保護へ

ハリウッドの大手タレントエージェンシーであるCreative Artists Agency (CAA)が、AI企業Veritoneと提携し、デジタルアセットボールト「CAAvault」を開発しました。

目次

CAAvaultとは?

CAAvaultは、俳優やアーティストのデジタル肖像権を保護するために開発されたプラットフォームです。俳優の声や肖像などのデジタル資産を安全に保管・管理し、企業が適切にライセンスできるようにします。

CAAvaultのメリット

  • 肖像権の透明性を確保: CAAvaultは、所属タレントの肖像使用状況を可視化し、肖像権侵害のリスクを低減します。
  • 倫理的な運用を促進: CAAvaultは、AI技術を責任を持って活用し、タレントの権利を保護することを可能にします。
  • タレントの安心感と信頼感: CAAvaultは、タレントが自身の肖像権をコントロールできるようにし、安心感と信頼感を高めます。

VeritoneのAI技術

Veritoneは、メディアやエンターテインメント業界をはじめ、幅広い分野でAIテクノロジーを提供してきた実績があります。今回、CAAvaultのデジタル資産の管理・保存を担うことになりました。

Veritoneは、デジタル肖像や合成メディアの分野ですでに実績があります。同社のMARVEL.aiプラットフォームやVeritone Voiceソリューションは、企業がデジタルボイスを作成・ライセンスすることを可能にします。YouTube番組「Good Mythical Morning」のホストや、様々な声優の声のクローンを作成するなど、VeritoneのAI技術はすでに活用されています。

CAAvaultの意義

俳優や声優などの職業において、生成AIによる肖像権の悪用に対する懸念が高まる中、CAAvaultの立ち上げは非常に画期的です。

まとめ

CAAvaultは、デジタル技術が進化し続けるエンターテインメント業界において、タレントの肖像権保護に新たな一歩を踏み出すソリューションとなるでしょう。今後、AIやデジタル技術の発展に伴い、タレントの権利保護はどうなっていくのか注目が集まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次