米中、AI開発における責任ある活用に向けて協議!?

スイス・ジュネーブで開催された米中ハイレベル協議では、AI開発に伴うリスクと透明性の向上が主要な議題となりました。この協議は、昨年11月の米中首脳会談で合意されたもので、両国はAI開発に伴う課題への取り組みを約束していました。

アメリカ政府は、今回の協議で中国に対して、AIの「悪用」の可能性を警告しました。中国が監視システムなどで利用している顔認証技術が懸念されており、アメリカは既に関連企業への制裁やAI関連チップの輸出規制を実施しています。

目次

信頼できるAI開発と持続可能性を訴えるアメリカ

アメリカ代表団は、中国に対してAIリスクに関する情報共有の重要性を強調し、また、信頼できるAI開発の重要性も訴えました。

報道によると、中国は権利を尊重するAIシステムの開発を支持する国連決議をアメリカ主導で推進した国の一つでもあります。

さらに、アメリカは持続可能なAI開発の重要性も今回の協議で伝えています。

米中協議の意義と今後の展望

今回の協議は、米中間のAI開発における緊張関係を緩和し、透明性のある責任あるAI開発に向けて協力を進める第一歩となることが期待されます。

しかし、双方の立場や溝は依然として存在するため、具体的な成果や合意に至るには時間がかかる可能性も考えられます。

今後、米中両国がどのように協力し、AI開発における課題に取り組んでいくのか、注目されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次