【AI】AmiVoice ScribeAssistで議事録作成を大幅に効率化!評判・使い方・情報まとめ

会議は多くの企業にとって重要な意思決定の場であり、その内容を正確に記録することは不可欠です。しかし、議事録作成は時間と労力を要する作業であり、多くの場合、担当者の負担となっていました。

そんな課題を解決するのが、AI議事録作成ツールAmiVoice ScribeAssistです。AmiVoice ScribeAssistは、AIによる音声認識技術と自然言語処理技術を用いて、会議の音声を自動的に文字起こしし、正確な議事録を生成します。

この記事では、AmiVoice ScribeAssistについて紹介します。ビジネスの生産性向上を目指す企業や個人にとって、このツールがどのような価値をもたらすのか、その機能や活用方法、料金プランなどについて詳しく解説します。

目次

AmiVoice ScribeAssistとは?

AmiVoice ScribeAssistは、音声認識市場で5年連続売上シェアNo.1の株式会社アドバンスト・メディアが提供するAI議事録作成ツールです。音声録音からテキスト化、編集までをワンストップで実現し、議事録作成の様々な面倒を解消します。

AmiVoice ScribeAssistの主な機能

  • 優れた認識率:国内シェアNo.1のAI音声認識AmiVoiceを搭載し、多彩なビジネスシーンの語彙で優れた認識率を誇ります。
  • リアルタイム音声認識:会議の音声をリアルタイムで文字起こしし、議事録を作成することができます。
  • インターネット接続なく使える:クラウドに音声データを送信しないため、機密情報を扱う会議でも安心して利用できます。
  • ChatGPTと連携した自動要約機能:文字起こし結果をワンクリックで議事録形式に自動で要約できます。
  • 話者区別:会議に参加している話者を区別し、それぞれの話者ごとに発言を記録することができます。

AmiVoice ScribeAssistの活用例

AmiVoice ScribeAssistは、Web会議や商談、対面での会議など、幅広いシーンで利用できます。リアルタイム認識とファイル認識の両方に対応し、議事録作成業務の効率化を支援します。

AmiVoice ScribeAssistを選ぶ理由【メリット】

  • 高精度な自動要約:ChatGPTと連携した自動要約機能で、人が作った議事録に近い要約を生成します。
  • 安心して利用:Azure OpenAI Serviceの学習には利用されないため、安心してご利用いただけます。
  • 時間の節約:手作業での文字起こし作業から解放され、時間と労力を大幅に削減できます。
  • 豊富な機能:検索機能、編集機能、共有機能など、豊富な機能を備えています。
  • 使いやすさ:シンプルなインターフェースで、誰でも簡単に利用できます。
  • 安心のサポート:充実したサポート体制で、導入後も安心です。

料金プラン

AmiVoice ScribeAssistの料金プランについては、公式ウェブサイトで詳細をご確認いただけます。

ユーザーレビュー

  • 「AmiVoice ScribeAssistを導入してから、会議の議事録作成が格段に楽になりました。正確な文字起こしと迅速な対応に満足しています。」
  • 「議事録作成の時間が大幅に削減されました。」
  • 「自動要約機能は、重要なポイントを素早く把握するのに役立ちます。」

よくある質問

Q:AmiVoice ScribeAssistは、どのような会議に利用できますか?

A:AmiVoice ScribeAssistは、会議の規模や場所を問わず、あらゆる会議に利用できます。オンライン会議にも対応しています。

Q:AmiVoice ScribeAssistは、どのような音声データに対応していますか?

A:AmiVoice ScribeAssistは、日本語の音声データに対応しています。英語や中国語などの言語にも対応予定です。

Q:AmiVoice ScribeAssistは、どのような環境で利用できますか?

A:AmiVoice ScribeAssistは、Windows PC、Mac、スマートフォン、タブレットで利用できます。

まとめ

AmiVoice ScribeAssistは、会議の音声を自動的に文字起こしし、正確な議事録を作成するAI議事録作成ツールです。業界最高水準の音声認識精度と話者識別機能により、誰が発言したかを明記した議事録を作成でき、発言の把握が容易です。

また、自動要約機能や検索機能など、豊富な機能を備えています。使いやすく、誰でも簡単に利用できるため、多くの企業で導入されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次